ペット供養をする日がくるまでに、様々な形で形見を残そう

愛するペットとの残された大切な時間~飼い主だからできることを始める~ 愛するペットとの残された大切な時間~飼い主だからできることを始める~

愛犬の可愛い足型を取っておく~生きている間にしかできないこと~

ペットの足型や爪などを残す作業は、生きている内にしか行なうことができません。特に足型に関しては、ペット火葬などをしてしまった後には、もうすることができないので、今のうちにやっておくと良いでしょう。

犬の足型や爪を形見として残す

ペットの毛を残す人も多いです。また、毛だけでなく、爪や足型も残すことができます。ここでは、爪や足型の残し方を紹介していきます。

ペンダント
ペットの爪をペンダントに入れることによって、いつでも身につけ持ち運べる形見が完成します。ペットの爪を収められるペンダントは、メモリアルグッズとして販売されています。このペンダントの中には、ペットの爪の他にも遺骨や歯なども入れることができます。
足拓
肉球に油性のインクなどを付けてしまうと、洗っても落ちなくなってしまいます。ですから、食紅などを使うと良いでしょう。食紅は口にしても安全で、肉球についても簡単に洗い落とせます。赤色の他にも、黄色や緑があるので、自分が好みの色を選ぶと良いでしょう。
足型
足型キットを使えば、家で簡単に、犬の足型をとることができます。足型をとった後は、それをアクセサリーにすることができるのです。作り方は非常に簡単なので、初めての人でも安心して利用することができます。

形見を残すときのポイント

動物の足

形見として足型を残す人は多いです。一緒に足型を押したという記憶と共に今後も形見として残っていくので、是非足型はとっておきたいものといえるでしょう。ペットの足型の他にも、爪を形見として残そうとする人もいます。ペットの爪を切る時は注意して切るようにしましょう。人間の爪とまったく構造が違うので、ペットにケガをさせないように気をつけながら切ると良いです。

TOPボタン